私たちの尊厳の回復について

 

人生はいつも良いものです。
これは本能的な認識であり経験上の事実ですが、
そして人間は、なぜそうなるのかという深遠な理由を理解するよう求められています。
なぜ人生は良いのでしょうか?
—POPE ST。 ジョンポールII
エヴァンゲリウムヴィータ, 34

 

WHAT 彼らの文化が人々の心に起こるとき、 死の文化 —人間の命は使い捨てであるだけでなく、明らかに地球にとって実存悪であることを彼らに知らせますか?自分たちは進化の偶然の副産物にすぎない、自分たちの存在が地球に「人口過剰」になっている、自分たちの「二酸化炭素排出量」が地球を破滅させている、と繰り返し言われ続けた子どもや若者の精神はどうなるのでしょうか?高齢者や病人が、健康上の問題により「システム」に多大なコストがかかっていると言われたらどうなるでしょうか?生物学的な性別を拒否するよう奨励された若者はどうなるでしょうか?人の価値が、その人本来の尊厳ではなく、その生産性によって決まるとき、その人のセルフイメージはどうなるでしょうか?続きを読む