すべての人のための福音

夜明けのガリラヤ湖 (マークマレットによる写真)

 

牽引力を獲得し続けることは、天国への道はたくさんあり、私たち全員が最終的にそこにたどり着くという考えです。 悲しいことに、多くの「クリスチャン」でさえ、この誤った精神を採用しています。 これまで以上に必要なのは、大胆で慈善的で強力な福音の宣言と イエスの名前。 これは特にの義務と特権です 聖母の小さながれき。 他に誰がいますか?

 

15年2019月XNUMX日に最初に公開されました。

 

そこ イエスの文字通りの足跡をたどるのがどのようなものかを適切に説明できる言葉ではありません。 まるで聖地への旅が、私の人生のすべてについて読んだ神話の領域に入っているかのようです…そして、突然、私はそこにいました。 を除いて、 イエスは神話ではありません.

夜明け前に起き上がり、ガリラヤ湖のほとりで静かに孤独に祈るなど、いくつかの瞬間が私に深く感動しました。

夜明け前に非常に早く起きて、彼は去り、人けのない場所に行き、そこで祈った。 (マルコ1:35)

もうXNUMXつは、イエスが最初に宣言したシナゴーグでルカの福音書を読んでいたことです。

主の御霊がわたしの上にあります。なぜなら、彼は貧しい人々に喜ばしい知らせをもたらすようにわたしに油を注がれたからです。 彼は私を捕虜への自由と盲人への視力の回復を宣言し、抑圧された人々を解放し、主に受け入れられる年を宣言するために私を送りました。 (ルカ4:18-19)

それは決定的な瞬間でした。 ものすごい感覚を感じました 大胆 内に湧き出る。 ザ・ 今の言葉 私に来たのは、教会は、季節や外で、恐れや妥協なしに、希釈されていない福音を説教するために(再び)勇気を持って立ち上がらなければならないということです。 

 

それは何のためですか?

それは私を別の、はるかに啓発的ではないが、動員する瞬間に連れて行った。 エルサレムに住む司祭は、彼の敬意を表して、次のように述べています。「イスラム教徒やユダヤ人などを改宗させる必要はありません。 自分を回心させ、神に回心させてください。」 最初は少しびっくりして座っていました。 それから聖パウロの言葉が私の心に溢れました:

しかし、彼らはどうやって彼らが信じていない彼を呼ぶことができますか? そして、彼らはどうやって彼らが聞いたことがない彼を信じることができますか? そして、彼らは説教する人なしでどのように聞くことができますか? そして、彼らが送られない限り、人々はどのように説教することができますか? 書かれているように、「良いたよりをもたらす人々の足はどれほど美しいのか!」 (ローマ10:14-15)

私は自分自身に思いました、 私たちが非信者を「回心させる」必要がないのなら、なぜイエスは苦しんで死んだのでしょうか? 失われた者を回心と呼ばないのであれば、イエスはこれらの土地を何のために歩きましたか? イエスの使命を継続する以外に教会が存在するのはなぜですか。貧しい人々に喜ばしい知らせをもたらし、捕虜に自由を宣言することです。 はい、私はその瞬間が信じられないほど動員されていることに気づきました。 「いいえ、イエス様、あなたは無駄に死ななかったのです! あなたは私たちをなだめるために来たのではなく、私たちを罪から救ってくださいます! 主よ、私はあなたの使命を私に死なせません。 偽りの平和が、あなたがもたらした真の平和に取って代わることはありません!」

聖書はそれが 「恵みによって、あなたは信仰によって救われました。」 【1]エペソ2:8 しかし…

…信仰は聞かれるものから来ます、そして聞かれるものはキリストの言葉を通して来ます。 (ローマ10:17)

イスラム教徒、ユダヤ人、ヒンズー教徒、仏教徒、およびあらゆる種類の非信者は、 聞く 彼らもまた信仰の賜物を受け取る機会を得るために、キリストの福音。 しかし、成長しています 政治的に正しい 私たちが単に「平和に生きる」と「寛容」と呼ばれているという考え、そして他の宗教が同じ神への等しく有効な道であるという考え。 しかし、これはせいぜい誤解を招くものです。 イエス・キリストは彼が 「道、真実、そして人生」 その 「それ以外の誰も父に来ない」 彼。 【2]ジョン14:6 セントポールは、私たちは確かにすべきだと書いた 「みんなとの平和を目指して」 しかし、彼はすぐに次のように付け加えます。 「だれも神の恵みを奪われないように気をつけてください。」 【3]ヘブ12:14-15 平和は対話を可能にします。 しかし対話 しなければなりません 良いたよりの宣言につながる。

教会はこれらの非キリスト教を尊重し、尊重します。なぜなら、それらは広大な人々のグループの魂の生きた表現だからです。 彼らは、何千年にもわたる神の探求の反響を彼らの中に持っています。それは不完全ですが、しばしば心の誠実さと義によってなされる探求です。 彼らは印象的な 深く宗教的なテキストの遺産。 彼らは何世代にもわたる人々に祈り方を教えてきました。 それらはすべて無数の「みことばの種」を染み込ませており、真の「福音への備え」を構成することができます…[しかし]これらの宗教を尊重し尊重することも、提起された質問の複雑さも、教会に差し控えるように勧めることはありません。これらの非キリスト教徒からのイエス・キリストの宣言。 それどころか、教会は、これらの大勢の人々がキリストの神秘の富を知る権利を持っていると考えています。その富は、人類全体が、思いもよらないほどの充実感で、神、人に関して模索しているすべてのものを見つけることができると信じています。そして彼の運命、生と死、そして真実。 —教皇ST。 ポールVI、 Evangelii Nuntiandi、 n。 53; バチカン.va

または、親愛なる友人は、 「すべての理解を超える神の平和」 (フィリ4:7)私たちクリスチャンだけのために予約されていますか? から来る途方もない癒しですか 知っている および 耳 それはほんの数人のための告白で許されていますか? 慰めと霊的に栄養を与える命のパン、それとも解放して変容する聖霊の力、あるいはキリストの命を与える戒めと教えは、私たちが「怒らせない」ように私たち自身に守っている何かですか? この種の考え方が最終的にどれほど利己的であるかわかりますか? 他の人は 右 キリスト以来の福音を聞くために 「誰もが救われ、真理を知るようになるでしょう。」 【4]1ティモシー2:4

彼ら全員が福音を受け取る権利を持っています。 クリスチャンには、だれも排除することなく福音を宣べ伝える義務があります。 —ポーペ・フランシス、 エヴァンゲリイ・ガウディウム、n.15

 

提案する、課さない

慎重に区別する必要があります 堂々たる および 提案 イエス・キリストの福音-「proselytism」の間 "伝道。" その中で 伝道のいくつかの側面に関する教義上のメモ、教理省は、「proselytize」という用語はもはや単に「宣教活動」を指すのではないことを明らかにしました。

最近では…この用語は否定的な意味合いを帯びており、福音の精神に反して、手段を使用して、動機を使って宗教を促進することを意味します。 つまり、人間の自由と尊厳を保護するものではありません。 —cf。 脚注n。 49

たとえば、改宗主義とは、特定の国々、さらには他の文化に福音を押し付けた一部の教会員によって実践された帝国主義を指します。 人々。 しかし、イエスは決して強要されませんでした。 彼は招待しただけです。 

主は改宗しません。 彼は愛を与えます。 そして、この愛はあなたを求め、あなたを待っています。あなたは、現時点では信じていないか、遠くにいます。 —教皇フランシスコ、アンジェラス、サンピエトロ広場、6年2014月XNUMX日。 独立したカトリックニュース

教会は改宗に従事していません。 代わりに、彼女は成長します 「魅力」によって… —POPE BENEDICT XVI、ラテンアメリカおよびカリブ海司教の第13回総会の開会に敬意を表して、2007年XNUMX月XNUMX日。 バチカン.va

私たちの兄弟たちの良心に何かを課すことは確かに誤りでしょう。 しかし、彼らの良心に、イエス・キリストにおける福音と救いの真理を、完全に明快に、そしてそれが提示する自由な選択肢を完全に尊重して提案することは…宗教の自由への攻撃であるどころか、その自由を完全に尊重することです…なぜ虚偽と過ち、卑劣とポルノだけが人々の前に置かれる権利を持っており、残念ながら、マスメディアの破壊的な宣伝によって彼らに課されることがよくあります…? キリストと彼の王国の敬意を表する提示は、伝道者の権利以上のものです。 それは彼の義務です。 —教皇ST。 ポールVI、 Evangelii Nuntiandi、 n。 80; バチカン.va

コインの裏側は、「平和」と「共存」を終わらせる一種の宗教的無関心です。 平和に暮らすことは有益で望ましいことですが、永遠の救いへの道を知らせることが義務であるクリスチャンにとって常に可能であるとは限りません。 イエスが言われたように、 「私が地球に平和をもたらすために来たとは思わないでください。 私は平和ではなく剣を持ってくるようになりました。」 【5]マット10:34

そうでなければ、私たちは多くの殉教者に謝罪する義務があります。 

…クリスチャンの人々が特定の国に存在し、組織化されているだけでは十分ではありません。また、良い例として使徒職を遂行するだけでも十分ではありません。 それらはこの目的のために組織されています、それらはこれのために存在します: キリストを非キリスト教の仲間の市民に言葉と模範によって発表し、キリストの完全な受け入れに向けて彼らを助けること。 —第XNUMXバチカン公会議、 Ad Gentes、 n。 15; バチカン.va

 

言葉は 話した

聖フランチェスコに起因するキャッチーなフレーズ、「常に福音を宣べ伝え、必要に応じて言葉を使う」を聞いたことがあるでしょう。 実際、聖フランシスがそのようなことを言ったことを証明する文書はありません。 しかし、これらの言葉がイエス・キリストの名前とメッセージを説教することから自分を弁解するために使用されたという証拠はたくさんあります。 確かに、ほとんど誰もが受け入れるでしょう 私たちの優しさと奉仕、私たちのボランティア活動と社会正義。 これらは必要であり、実際、私たちを福音の信頼できる証人にします。 しかし、それをそのままにしておくと、「希望の理由」を共有することに赤面する場合、【6]1ピーター3:15 それから私達は私達が持っている人生を変えるメッセージを他の人から奪い、そして私達自身の救いを危険にさらします。

…最高の証人は、それが説明され、正当化され、そして主イエスの明確で明白な宣言によって明示されなければ、長期的には効果がないことがわかります。 遅かれ早かれ、人生の証人によって宣言された良いたよりは、人生の言葉によって宣言されなければなりません。 神の子ナザレのイエスの名前、教え、人生、約束、王国、そして神秘が宣べ伝えられなければ、真の伝道はありません。 —教皇ST。 ポールVI、 Evangelii Nuntiandi、 n。 22; バチカン.va

この不誠実で罪深い世代の私と私の言葉を恥じている人は誰でも、人の子が聖なる天使たちと一緒に父の栄光に入るとき、恥ずかしい思いをするでしょう。 (マルコ8:38)

私の聖地への旅は、イエスが私たちの背中をなでるためにこの地球に来られたのではなく、私たちを呼び戻すために来られた方法をより深く理解しました。 これは彼の使命であるだけでなく、私たち、彼の教会に与えられた指示でもありました。

全世界に行き、福音を宣言します あらゆる 生き物。 信じてバプテスマを受けた人は誰でも救われます。 信じない人は誰でも非難されるでしょう。 (マルコ15:15-16)

全世界へ! すべての創造に! 地球の果てまで! —教皇ST。 ポールVI、 Evangelii Nuntiandi、 n。 50; バチカン.va

これは、聖職者、宗教者、または少数の信徒の牧師だけでなく、バ​​プテスマを受けたすべてのクリスチャンのための委員会です。 それは「教会の本質的な使命」です。 【7]Evangelii Nuntiandi、 n。 14; バチカン。va 私たちはそれぞれ、自分が見つけたどんな状況においても、キリストの光と真理をもたらす責任があります。 これが私たちを不快にさせたり、恐れや恥の原因となったり、どうしたらよいかわからない場合は、聖パウロXNUMX世が「伝道の主な代理人」と呼ぶ聖霊を懇願する必要があります。【8]Evangelii Nuntiandi、 n。 75; バチカン.va 私たちに勇気と知恵を与えるために。 聖霊がいなければ、使徒たちでさえ無力で恐ろしいものでした。 しかし、ペンテコステの後、彼らは地球の果てに行っただけでなく、その過程で彼らの命そのものを与えました。

イエスは私たちの肉体を引き受けて私たちの間を歩き、私たちにグループの抱擁を与えるのではなく、罪の悲しみから私たちを救い、喜び、平和、そして永遠の命の新しい地平を開くために。 あなたはこの良いたよりを分かち合うために世界に残された数少ない声の一人になりますか?

恵みの日々を過ごした後、私たち全員が勇気を持ってくれることを願っています—勇気—主の十字架と共に主の前を歩くこと:十字架に流された主の血の上に教会を建てること、そして一つの栄光、十字架につけられたキリストを公言すること。 このようにして、教会は前進します。 —教皇フランシスコ、ファーストホミリー、 news.va

 

Now Wordは、フルタイムのミニストリーです。
あなたのサポートによって継続します。
あなたを祝福し、そしてありがとう。 

マークと一緒に旅する このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する 今Word,
下のバナーをクリックして 申し込む.
あなたのメールは誰とも共有されません。

 

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

脚注

脚注
1 エペソ2:8
2 ジョン14:6
3 ヘブ12:14-15
4 1ティモシー2:4
5 マット10:34
6 1ピーター3:15
7 Evangelii Nuntiandi、 n。 14; バチカン。va
8 Evangelii Nuntiandi、 n。 75; バチカン.va
投稿: ホーム, 信仰と道徳.