合理主義と謎の死

 

WHEN 遠くの霞に近づくと、濃い霧の中に入っているように見えるかもしれません。 しかし、あなたが「そこに着き」、そしてあなたの後ろを見るとき、突然あなたはあなたがずっとそこにいたことに気づきます。 もやはいたるところにあります。

続きを読む

真の伝道

マスリーディングに関する今の言葉
24年2017月XNUMX日
イースターの第XNUMX週の水曜日

典礼のテキスト (詳細を見る)。

 

そこ 教皇フランシスコが数年前に改宗主義、つまり誰かを自分自身の宗教的信仰に改宗させようとする試みを非難して以来、非常に騒がしいものでした。 彼の実際の声明を精査しなかった人々にとって、それは混乱を引き起こしました。なぜなら、魂をイエス・キリストに、つまりキリスト教にもたらすことが、まさに教会が存在する理由だからです。 それで、教皇フランシスコは教会の大宣教命令を放棄していたか、あるいはおそらく彼は何か他のものを意味していました。続きを読む

彼らが私を憎んだら…

マスリーディングに関する今の言葉
20年2017月XNUMX日
イースターの第XNUMX週の土曜日

典礼のテキスト (詳細を見る)。

サンヘドリンによって非難されたイエス by マイケル・D・オブライエン

 

そこ クリスチャンが使命を犠牲にして世界に好意を持ってカレーしようとすることほど哀れなことはありません。続きを読む

苦難の平和

マスリーディングに関する今の言葉
16年2017月XNUMX日
イースターの第XNUMX週の火曜日

典礼のテキスト (詳細を見る)。

 

SAINT サロフのセラフィムはかつて、「平和な精神を身につければ、あなたの周りで数千人が救われるでしょう」と言いました。 たぶん、これが今日のクリスチャンによって世界が動かされないままであるもう一つの理由です。私たちも落ち着きがなく、世俗的で、恐れ、または不幸です。 しかし、今日のミサの朗読では、イエスと聖パウロは キー 真に平和な男性と女性になることへ。続きを読む

偽りの謙遜について

マスリーディングに関する今の言葉
15年2017月XNUMX日
イースターの第XNUMX週の月曜日
Opt。 聖イシドールの記念碑

典礼のテキスト (詳細を見る)。

 

そこ 最近の会議で説教をしているときに、「主のために」自分がしていることに少し自己満足を感じた瞬間でした。 その夜、私は自分の言葉と衝動を振り返りました。 私は、微妙な方法でさえ、神の栄光の単一の光線、つまり王の冠をかぶろうとしているワームを盗もうとしたかもしれないという恥と恐怖を感じました。 私は自分のエゴを悔い改めながら、聖ピオの賢者のアドバイスについて考えました。続きを読む

グレートハーベスト

 

…見よ、サタンはあなた方全員を小麦のようにふるいにかけるように要求した…(ルカ22:31)

 

どこにでも 私は行きます、私はそれを見ます。 私はあなたの手紙でそれを読んでいます。 そして私は自分の経験の中でそれを生きています: 分裂の精神 家族や人間関係をかつてないほど引き離している世界に足を踏み入れています。 国家規模では、いわゆる「左翼」と「右翼」の間の隔たりが広がり、それらの間の敵意は敵対的でほぼ革命的なピッチに達しています。 一見通行不能な家族間の違いであろうと、国内で成長しているイデオロギーの分裂であろうと、何かが精神的な領域で大きくふるいにかけられているかのように変化しました。 神の僕フルトン・シーン司教は、すでに前世紀にそう考えているようでした。続きを読む

コミュニティの危機

マスリーディングに関する今の言葉
9年2017月XNUMX日
イースターの第XNUMX週の火曜日

典礼のテキスト (詳細を見る)。

 

ONE 初代教会の最も魅力的な側面の一つは、ペンテコステの後、彼らはすぐに、ほとんど本能的に、形成されたということです コミュニティ。 彼らは持っているものすべてを売り、それを共有して、みんなのニーズに応えました。 それでも、そのようにするためのイエスからの明確な命令はどこにも見られません。 それは非常に過激で、当時の考えに反して、これらの初期のコミュニティは彼らの周りの世界を変えました。続きを読む

内の避難所

マスリーディングに関する今の言葉
2年2017月XNUMX日
イースターの第XNUMX週の火曜日
聖アタナシウスの記念碑

典礼のテキスト (詳細を見る)。

 

そこ マイケル・D・オブライエンの小説のXNUMXつのシーンです 司祭が彼の忠実さのために拷問されているとき、私は決して忘れませんでした。 【1]皆既日食、 イグナティウスプレス その瞬間、聖職者は捕虜が到達できない場所、神が住んでいる彼の心の奥深くに降りてきたようです。 彼の心はまさに避難所でした。なぜなら、そこにも神がいたからです。

続きを読む

脚注

脚注
1 皆既日食、 イグナティウスプレス