神は決してあきらめません

マスリーディングに関する今の言葉
6年2015月XNUMX日、四旬節の第XNUMX週の金曜日

典礼のテキスト こちら


Lovによって救助されたe、ダレン・タン

 

地主の使用人と彼の息子さえ殺害するブドウ園の入居者のたとえ話は、もちろん、 何世紀にもわたっ 父がイスラエルの人々に送った預言者たちの中で、彼の一人息子であるイエス・キリストに至りました。 それらのすべてが拒否されました。

…入居者は使用人を捕らえ、XNUMX人は殴り、もうXNUMX人は殺し、XNUMX人目は石で打ちました。 (今日の福音)

もう一度、主が預言者を次々と送って、ご自分の民をご自身に呼び戻された時代に早送りしてください。 私たちは不信仰で彼らを打ち負かし、私たちの頑固さ​​で彼らのメッセージを殺し、彼らの評判を傷つけました。 では、次は何ですか? イエスは聖ファウスティナに近い未来を明らかにしました:

私は[罪人]のために憐れみの時間を延長しています…。 まだ時間がありますが、わたしの憐れみの泉に頼らせてください…わたしの憐れみの扉を通り抜けることを拒む者は、わたしの正義の扉を通り抜けなければなりません…わたしの憐れみについて世界に話しかけてください…それは終了時間。 その後、正義の日が来るでしょう。 まだ時間がありますが、わたしの憐れみの泉に頼らせてください。 - 私の魂の神の慈悲、聖ファウスティナの日記、1160、848

これは、正義の日または「主の日」が来るとき、悔い改めなかった人々にとって手遅れになることを意味すると解釈するかもしれません。 【1]参照 ファウスティナ、そして主の日 しかし、聖書はそうではないと示しているようです…

黙示録6で読んだように、時代の終わりを告げる封印が破られています 【2]参照 革命のXNUMXつの封印 人が自分が蒔いたものの完全な収穫を刈り取り始めると。 人間の不和と災害クレッシェンド 大きな揺れ それは、乞食から王子まで、すべての人の良心を目覚めさせます。 【3]cf. 黙示録6:12-17 彼らは、殺された父と小羊の玉座の間のビジョンを見るからです。 【4]cf. 改訂3:21 そして彼らは叫びます…

…なぜなら 彼らの怒りの素晴らしい日 来て、誰がそれに耐えることができますか? (黙示録6:17)

それは「正義の日」の始まりです(世界の終わりではありませんが。参照してください。 ファウスティナと主の日)。 以下は、最終的に雑草が小麦から分離されるときに、主の収穫につながる一連の世界的および地域的な懲罰です(獣の印を付けたかどうかによって異なりますが、 【5]cf. 改訂14:11 またはキリストのしるし。 【6]cf. 改訂7:3)はい、神は人類を罰しますが、これでも 彼の憐れみから。 いくつかの懲罰が来ると…

…彼らは悔い改めたり、彼に栄光を与えたりしませんでした。 (黙示録16:9)

…彼らは自分たちの仕事を悔い改めませんでした。 (黙示録16:11)

これはただ一つのことを意味するかもしれません:これらの懲罰もまた 神の憐れみの行為 人々を悔い改めさせることを目的としています。 別の箇所で大地震があると読んだので…

地震の間に11人が殺されました。 残りはおびえ、天の神に栄光を帰しました。 (黙示録13:XNUMX)

今日の最初の読書で、ヨセフの兄弟をエジプトに追いやったのは干ばつであり、そこで彼らは弟の憐れみと思いやりを経験しました。 同様に、飢餓は放蕩息子を父親に追いやった。 だから、神は カオスの慈悲 通常は頑固なまま永遠に残るかもしれないできるだけ多くの魂を救うために。

キリストは人類の拒絶の重みでXNUMX回倒れました。 しかし、私たちへの愛に駆り立てられて、何度も起き上がり続けたのです。 正義の扉は必ずしも慈悲の閉鎖ではありませんが、 「憐れみの時」 その中で彼の恵みはより簡単に見つけることができました。 

イエスは決してあきらめませんでした。 彼は決してそうしません。 神は愛であり、そして 「愛は決して失敗しません。」 【7]cf. 1コリント13:8

私たちが不誠実であるならば、彼は忠実であり続けます、なぜなら彼は自分自身を否定することができないからです。 (テモテへの手紙第二2:2)

 

関連する読書

慈悲の期限が切れる時? –パートIII

ファティマと大揺れ

カオスの慈悲

 

 

あなたのサポートに感謝します
このフルタイムのミニストリーの!

購読するには、をクリックします こちら.

マークと一緒に5日XNUMX分過ごし、毎日瞑想します 今Word マスリーディングで
四旬節のこれらのXNUMX日間。


あなたの魂を養う犠牲!

配信の申し込み こちら.

NowWordバナー

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

脚注

脚注
1 参照 ファウスティナ、そして主の日
2 参照 革命のXNUMXつの封印
3 cf. 黙示録6:12-17
4 cf. 改訂3:21
5 cf. 改訂14:11
6 cf. 改訂7:3
7 cf. 1コリント13:8
投稿: ホーム, マスリーディング, スピリチュアリティ そして、タグ付けされました , , , , , , .