私たちの子供を失う

マスリーディングに関する今の言葉
5年10月2015日〜XNUMX日
エピファニーの

典礼のテキスト こちらをクリックすると、ツールが開きます。

 

I 数え切れないほどの両親が直接私に近づいたり、「わかりません。 私たちは毎週日曜日に子供たちをミサに連れて行きました。 私の子供たちは私たちと一緒にロザリオを祈るでしょう。 彼らは霊的な行事に行くでしょう…しかし今、彼らは皆教会を去りました。」

問題はなぜですか? 私自身XNUMX人の子供の親として、これらの親の涙は時々私を悩ませてきました。 では、なぜ私の子供たちではないのですか? 実のところ、私たち一人一人には自由意志があります。 フォーラムはありません、 それ自体が、あなたがこれをするか、その祈りを言うならば、結果は聖人であるということ。 いいえ、私自身の拡大家族で見たように、結果が無神論になることもあります。

しかし、ジョンの最初の本からの今週の強力な読書は、 解毒剤 背教へのそれは本当に自分自身と自分の愛する人が落ちないようにする方法への答えです。

聖ヨハネは、私たちの救いのまさに希望は、神が私たちを最初に愛してくださったことであると説明しています。

これには愛があります。私たちが神を愛したということではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪の償いとして息子を送ったということです。 (火曜日の最初の読書)

さて、これは客観的な真実です。 そして、ここから多くの家族の問題が始まります。 客観 真実。 私たちはカトリック学校、日曜ミサ、キリスト教教育学などに通い、教会の生涯と霊性を通してさまざまな方法で表現されたこの真実を聞きます。 客観 真実。 つまり、多くのカトリック教徒は、招待されたり、励まされたり、この神への愛をしなければならないと教えられたりすることなく、一生育ちます。 主観的 真実。 彼らは関係を結ぶ必要があります、 個人的な これらの客観的な真理の力が個人的に「それらを自由にする」ために、彼ら自身の自由意志の神との関係。

カトリック教徒でさえ、キリストを個人的に体験する機会を失ったり、一度も経験したことがない場合があります。キリストを単なる「パラダイム」または「価値」としてではなく、生きている主として、「道、真理、そして人生」として。 —POPE JOHN PAUL II、L'Osservatore Romano(バチカン新聞の英語版)、24年1993月3日、p.XNUMX。

これは、キリスト教を他のすべての宗教と区別する美しさ、不思議、そして本質的な違いです。 私たちは神ご自身から、神との変容し、優しい関係に招待されています。 したがって、聖ヨハネは、世界に対する彼の勝利は客観的な真実を 主観的 1。

私たちは知り、信じるようになりました 神が私たちに抱いておられる愛の中で。 (水曜日の最初の読書)

私が言っているのは、親として、私たちは子供たちを 個人的な イエスとの関係 方法 聖霊の力を通して父に。 彼らの信仰を彼ら自身のものにするために、私たちは彼らを何度も何度も招待しなければなりません。 イエスとの関係は、イエスが存在すると信じているだけではないことを彼らに教えなければなりません(悪魔でさえこれを信じているからです)。 むしろ、彼らは祈りと聖書を読むことを通してこの関係を育む必要があります。それは私たちへの神のラブレターです。

…祈りとは、神の子供たちと、計り知れないほど良い父、息子イエス・キリスト、そして聖霊との生きた関係です。 王国の恵みは「聖なる三位一体全体の結合」です。 。 。 人間の精神全体で。」 - カトリック教会のカテキズム、 n。 2565

これらの言葉を読むと心が爆発します。 神はご自身を団結させたいと願っておられます 私。 これは不思議です。 はい、カテキズムが教えているように、 「祈りは、神の渇きと私たちの渇きとの出会いです。 神は私たちが彼のために渇くことができるように渇きます。」 【1]参照 CCC、 n。 2560 親として、私たちは子供たちに、祈る方法、神に近づく方法、キリストの生きている井戸での意味への渇望を癒す方法を教える必要があります。 心を込めて。 イエスは私たちを「友達」と呼んでいます。 私たちは、イエスがこの「空の友達」であるだけでなく、私たちの近くにいて、待っていて、愛し、思いやり、そして癒している人であることを子供たちが発見するのを助けなければなりません。 私たちが彼を招待するとき そして、私たちが今度は彼と他の人たちを愛し始めると、彼は私たちを愛してくれました。

…私たちがお互いを愛しているなら、神は私たちの中にとどまり、神の愛は私たちの中で完全にもたらされます。 (水曜日の最初の読書)

また、私たちは親として、私たちが子供の救い主ではないことを覚えておく必要があります。 私たちは最終的に彼らを神の世話に委ね、彼らを支配するのではなく、彼らを手放さなければなりません。

そして、私たちは体に属していること、そしてキリストの体には多くの賜物とさまざまな機能があることも覚えておく必要があります。 私自身の人生、そして私の子供たちの人生の中で、他の志を同じくするクリスチャン、神のために燃えている他の人々、説教し、導き、私たちの心をかき立てる油注ぎを持っている人々に出会ったことの実を見ることができます。 親は、子供をカトリック学校や教区の青年グループに送るだけで十分だと誤解することがよくあります。 しかし実際には、カトリック学校は公立学校よりも異教的である場合があり、若者グループはピーナッツ、ポップコーン、スキー旅行にすぎません。 いいえ、どこを見つける必要があります 生きている水の流れ 今日の福音書で私たちが読んだ神聖な「薬」があるところに流れています。 子供たちがどこで変化し、変容しているのか、愛、ミニストリー、そして恵みの真の交換がある場所を見つけてください。

最後に、私たちの子供たちにイエスとの個人的な関係に入る方法を教えるために、私たち自身がそれを持たなければならないことは明らかではありませんか? そうしないと、私たちの言葉は不毛であるだけでなく、いくらかスキャンダラスでさえあります。 父親が子供たちに祈るように教えることができる最良の方法のXNUMXつは、子供たちが寝室やオフィスに足を踏み入れ、神と会話しながらひざまずいて彼を見ることです。 それはあなたの息子たちに教えています! それはあなたの娘たちに指示しています!

私たちの子供たちをイエスとの個人的な関係に導くだけでなく、私たちが言うことやすることすべてが神の全能の愛と存在の現れであるように私たちが神と恋に落ちるのを助けるために、メアリーとジョセフに助けを求めましょう。

イエスと個人的な関係で真の友情を築き、イエスが他の人や本からだけであるかを知るのではなく、イエスとのより深い個人的な関係を生き、イエスが何であるかを理解し始める必要があります。私たちに尋ねる…神を知るだけでは十分ではありません。 彼との本当の出会いのためには、彼を愛さなければなりません。 知識は愛にならなければなりません。 —POPE BENEDICT XVI、ローマの若者との会談、6年2006月XNUMX日。 vatican.va

…世界を征服する勝利は私たちの信仰です。 (木曜日の最初の読書)

 

関連する読書

イエスを知る

イエスとの個人的な関係

放蕩者の子育て

私の家の司祭: パートI > パートII

 

あなたのサポートを祝福してください!
あなたを祝福し、ありがとう!

クリックして: 配信の申し込み

 

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

脚注

脚注
1 参照 CCC、 n。 2560
投稿: ホーム, マスリーディング, 家族の武器 そして、タグ付けされました , , , , , , , , , , .

コメントは締め切りました。