救出について

 

私は〜です 何人かのキリスト教徒から、不満の夏だったと聞いています。 多くの人が自分の情熱と闘っていることに気づき、彼らの肉体は古い闘争、新しい闘争、そして甘やかす誘惑に再び目覚めました. さらに、私たちは、この世代が経験したことのないような孤立、分裂、社会的激動の時代から抜け出したばかりです。 その結果、多くの人が「ただ生きたいだけだ!」と言いました。 風に注意を向けた(cf. 正常になりたいという誘惑)。 他の人は、特定の「予言的疲労」 そして彼らの周りの霊的な声を消し、祈りに怠惰になり、慈善活動に怠惰になりました。 その結果、多くの人がより神経質になり、抑圧され、肉を克服しようと奮闘しています。 多くの場合、一部の人は新たに経験しています 霊的な戦い。 

続きを読む

恐怖の精神を打ち負かす

 

FEAR 良いカウンセラーではありません。」 フランスの司教マーク・アイレットからのそれらの言葉は、一週間中私の心に響き渡っています。 どこを向いても、合理的に考えたり行動したりしなくなった人々に出会う。 鼻の前で矛盾を見ることができない人。 選出されていない「チーフメディカルオフィサー」に彼らの人生に対する間違いのない支配権を手渡した人々。 多くの人は、強力なメディアマシンを介して彼らに追いやられた恐怖の中で行動しています。彼らが死ぬのではないか、あるいは単に呼吸するだけで誰かを殺すのではないかという恐怖です。 マーク司教が続けて言ったように:

恐れ…は、不適切な態度につながり、人々を互いに対立させ、緊張と暴力さえも引き起こす風土を生み出します。 私たちは爆発の危機に瀕しているかもしれません! —マーク・アイレット司教、2020年XNUMX月、ノートル・エグリーズ。 カウントダウンtothekingdom.com

続きを読む