泥棒のように

 

執筆から過去24時間 イルミネーション後、言葉は私の心に響き渡っています: 夜の泥棒のように…

兄弟たち、時間と季節に関して、あなたはあなたに何も書かれる必要はありません。 あなたがたは、主の日が夜に泥棒のように来ることをよく知っています。 人々が「平和と安全」と言っていると、妊婦の陣痛のように突然の災害が起こり、逃げることができません。 (テサロニケ第一1:5-2)

多くの人がこれらの言葉をイエスの再臨に適用しました。 確かに、主は父以外の誰も知らない時間に来るでしょう。 しかし、上記の文章を注意深く読むと、聖パウロは「主の日」の到来について語っています。突然来るのは「陣痛」のようなものです。 前回の執筆で、聖伝によれば、「主の日」は単一の日や出来事ではなく、期間であると説明しました。 このように、主の日に導き、導くものは、まさにイエスが語られた労働の苦痛です。 【1]マット24:6-8; ルカ21:9-11 と聖ヨハネはのビジョンで見ました 革命の七つの封印.

彼らも、多くの人にとって、来るでしょう 夜の泥棒のように。

続きを読む

脚注

脚注
1 マット24:6-8; ルカ21:9-11