再び始まる芸術–パートI

謙虚さ

 

初版は20年2017月XNUMX日…

今週、私は別のことをしています。 今週の福音、転んだ後のやり直し方について。 私たちは罪と誘惑に満ちた文化に生きており、多くの犠牲者を出している。 多くの人が落胆し、疲れ果て、踏みにじられ、信仰を失っています。 ですから、もう一度始める術を学ぶ必要があります…

 

WHY 何か悪いことをしたとき、私たちは罪悪感を打ち砕くのを感じますか? そして、なぜこれはすべての人間に共通しているのですか? 赤ちゃんでさえ、何か間違ったことをしたとしても、すべきではないことを「ただ知っている」ように見えることがよくあります。

答えは、すべての人が愛である神のかたちに造られているからです。 つまり、私たち自身の本性は愛され愛されるように作られたので、この「愛の法則」は私たちの心に書かれています。 私たちが愛に逆らって何かをするときはいつでも、私たちの心はある程度壊れています。 そして、私たちはそれを感じます。 私たちはそれを知っています。 そして、それを修正する方法がわからない場合、一連の悪影響が引き起こされます。チェックしないままにすると、単に落ち着きがなく、平和がない状態から、深刻な精神的および健康状態や奴隷制、情熱に至るまでさまざまです。

もちろん、「罪」の考え、その結果と個人的責任は、この世代が存在しないふりをしたもの、または無神論者が大衆を制御し操作するために教会によって作成された社会的構成物として却下したものです。 しかし、私たちの心は私たちに異なった言い方をします…そして私たちは私たちの幸せの危険にさらされている私たちの良心を無視します。

入力します イエス・キリスト。

彼の受胎告知で、天使ガブリエルは言いました。恐れることはありません。" 【1]ルーク1:30 彼の誕生の発表で、天使は言いました、「恐れることはありません。" 【2]ルーク2:10 イエスはその使命の発足時に、次のように言われました。恐れることはありません。" 【3]ルーク5:10 そして、彼が差し迫った死を発表したとき、彼は再び言いました。心を悩ませたり恐れたりしないでください。」 【4]ジョン14:27 何を恐れているの? 神を恐れる—私たちも知っている、心の奥底で私たちを見守っていて、私たちが責任を負っている方を恐れています。 アダムとイブは最初の罪から、今まで味わったことのない新しい現実、つまり恐れを発見しました。

…男と彼の妻は庭の木々の間で主なる神から身を隠しました。 それから主なる神はその人に呼びかけ、彼に尋ねました:あなたはどこにいますか? 彼は答えた、「私はあなたが庭で聞いた。 でも、裸だったので怖かったので、隠れました。」 (創世記3:8-11)

ですから、イエスが人間になって時間に入ったとき、彼は本質的にこう言っていました、 「木の後ろから出てきなさい。 恐怖の洞窟から出てきます。 出てきて、私があなたを非難するために来たのではなく、あなたをあなた自身から解放するために来たのを見てください。」 現代人が罪人を滅ぼそうとしている憤慨した不寛容な完璧主義者として神を描いた絵とは反対に、イエスは私たちの恐れを取り除くだけでなく、その恐れの源である罪とすべてを取り除くために来られたことを明らかにしますその結果。

愛は恐れを取り除くようになりました。

愛には恐れはありませんが、恐れは罰と関係があるので、完全な愛は恐れを追い出します。したがって、恐れる人はまだ完全な愛ではありません。 (ヨハネ第一1:4)

あなたがまだ恐れていて、まだ落ち着きがなく、まだ罪悪感に満ちているなら、それは通常XNUMXつの理由があります。 一つは、あなたが本当に罪人であることをまだ認めていないということです。そのため、誤ったイメージと歪んだ現実を持って生きています。 二つ目は、あなたはまだあなたの情熱に屈しているということです。 したがって、あなたは何度も何度も何度も始める芸術を学ぶ必要があります。

恐れから解放されるための最初のステップは、単にあなたの恐れの根源を認めることです:あなたは本当に罪人であるということです。 イエスが言われたら 「真実はあなたを自由にするでしょう」 最初の真実はの真実です あなたは誰ですか, あなたがいない人。 この光の中を歩くまで、あなたは常に暗闇の中にとどまります。それは恐怖、悲しみ、強迫観念、そしてあらゆる悪の繁殖地です。

「私たちは罪がない」と言うなら、私たちは自分自身を欺き、真実は私たちの中にはありません。 私たちが私たちの罪を認めるなら、彼は忠実で公正であり、私たちの罪を赦し、あらゆる不正行為から私たちを清めます。 (ヨハネ第一1:1-8)

今日の福音書では、盲人が叫んでいるのが聞こえます。

「ダビデの子イエス、私を憐れんでください!」 そして、前にいた人々は彼を叱責し、沈黙するように言った。 しかし彼はさらに叫びました、「ダビデの子よ、私を憐れんでください!」 (ルカ18:38-39)

これはばかげていて無駄で時間の無駄だと言う声は、おそらく今でもたくさんあります。 神はあなたの言うことを聞かず、あなたのような罪人の言うことを聞かないこと。 あるいは、結局のところ、あなたはそれほど悪い人ではないのかもしれません。 しかし、そのような声に耳を傾ける人々は本当に盲目です。 「すべての人が罪を犯し、神の栄光に満たないのです。」 【5]ローマ3:23 いいえ、私たちはすでに真実を知っています—私たちは自分自身を認めていません。

それで、これは私たちがそれらの声を拒絶しなければならない瞬間であり、私たちのすべての力と勇気をもって、叫びます:

ダビデの子イエスは私を憐れんでくださいます!

もしそうなら、あなたの解放はすでに始まっています…

 

神に受け入れられる犠牲は壊れた霊です。
神よ、壊れた、悔い改めた心、あなたは拍車をかけません。
(詩編51:17)

継続するには...

 

関連する読書

他の部分を読む

 

私たちの家族のニーズをサポートしたい場合は、
下のボタンをクリックして、単語を含めるだけです
コメント欄の「家族のために」。 
あなたを祝福し、ありがとう!

 

マークと一緒に旅する 世界 今Word,
下のバナーをクリックして 申し込む.
あなたのメールは誰とも共有されません。

 

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

脚注

脚注
1 ルーク1:30
2 ルーク2:10
3 ルーク5:10
4 ジョン14:27
5 ローマ3:23
投稿: ホーム, もう一度始めます, マスリーディング.